FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

貴重な機会をいただきました。

2020.03.16 (Mon)

20200314
ひょうごの食研究会
食のシンポジウムの中で
息子がパネラーとしてお世話になりました。
.
若者の発言を温かく見守ってくださる温かい雰囲気に助けていただきました。
はじめて見るほどの緊張の息子でしてが、関西人らしく母をいじり笑ってもらいながら、今の自分の感じ考えているところを話していました。
.
今のところ、彼の目指すところは、
・家族を養える程度の家畜を飼い田畑をすること
・何かあった時、被災したり仕事に困ったり疲れた時に家族や仲間、お世話になった人たちがいつでも来れる場所作り
・自給自足


この三本柱のようです。


彼は、刺激が強いの説明の中で
味が濃い刺激の強いものは、本当に美味しいわけではないから単に量でお腹を満たすだけで、心を満たすわけではない。本当に美味しいものは心とお腹を満たす。
ということを話していました。


高2の春、2ヶ月ほど、祖母の家で生活していた中で何かの経験をして、日頃お惣菜を買うこともない我が家に帰ってきた時に家のごはんを食べてそう感じてくれたのかもしれません。





春から進学。
これからどんな風に進んで行くのかわかりませんが
『ご飯は、お腹だけでなく心も満たすもの。』
それを彼はわかっているのなら、なんとか頑張っていけるだろうと思います。

私もこのまま変わらず、そして心新たに頑張っていきます!


ひょうごの食研究会会長の保田先生
国学院大学の古沢教授
ひょうご食研究会の幹事の皆様
ご参加くださった皆様


貴重な経験をさせていただき、また沢山の応援・励ましのお言葉を頂戴しました。息子の糧となっていると思います。本当にありがとうございました!













スポンサーサイト



13:18  |  その他 いろいろ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kotokotokitchen.blog.fc2.com/tb.php/270-f6d4d03d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |